ニュース|NEWS


PentairがNoritの浄化処置技術(CPT)部門を買収
ろ過システム・ソリューション分野で成長を加速

2011年 4月 8日


  • 中国、ラテンアメリカ、中近東などの成長市場での存在感強化
  • 独自の革新的メンブレン(濾過膜)技術とウルトラフィルタレーションでの主導的地位を獲得
  • 脱塩(淡水化)、飲用水、水再利用、産業用濾過装置などの分野でPentairの水関連製品・サービスを拡大・深化し、魅力的な飲料部門で地盤を拡大


[米国ミネアポリス発、2011年4月3日]
Pentair, Inc.(ニューヨーク証券取引所銘柄名:PNR)は本日、株式非公開会社であるNorit Holding, B.V.と同社の革新的メンブレン技術及びウルトラフィルタレーションの分野での世界的リーダーである浄化処置技術(CPT)部門の買収に関する最終合意に入ったと発表した。買収額は、決済時の純負債込みで503百万ユーロ(約705百万米ドル)。Pentairは、この決済時純負債は僅少と見ており、買収に伴う資金調達は、現金、銀行債入れ、投資適格資金調達(所謂、社債)を組み合わせて行う計画である。CPTの2010年の実績は、国際財務報告基準(IFRS)ベースで、純売上222百万ユーロ、減価償却焼償却控除前営業利益(所謂、EBITDAベース)35百万ユーロである。

CPTは、急成長中の水及び飲料の濾過・分離部門においてメンブレン・ソリューション及び浄化処置技術の世界的リーダーである。一世紀以上に渡り蓄積された革新とノウハウの独自の技術に支えられ、CPTは脱塩(淡水化)、水再利用、産業用濾過装置、飲料部門向けに持続可能浄化システム及びソリューションを提供している。これらのシステムとソリューションは清浄水の不足、高騰するエネルギーコスト、汚染などに対し、効率的に対応できるものである。CPTの取扱製品には、ウルトラフィルタレーション・ナノ濾過膜技術、無菌弁、CO2回収・管理システム、特殊ポンプ装置も含まれる。

オランダを本拠地とするCPTは、約1,200人の従業員で、5つの生産・研究・開発施設を運営している。100カ国に170以上の販売代理店を抱える広範囲な販売網を誇るCPTの地域別売上の内訳は、約45%が西ヨーロッパ、20%がアジア・太平洋、約10%がラテンアメリカ、同じく約10%が中近東、残りがその他ヨーロッパと北アメリカの国々である。Pentairは、2011年度(通年)のCPTの売上は、GAAP(米国で一般に公正妥当と認められた会計原則)ベースで、250百万ユーロ(350百万米ドル)を超えると予測している。

「清浄水の供給、エネルギーコストの高騰など増加しつつある挑戦に対処するに当たって、重要な役割を果たすのが技術なのです。CPTの世界第一級のメンブレン技術は、脱塩(淡水化)、水再利用、高い効率の産業用濾過装置に関するPentairの能力を拡大・深化させる部品、システム、サービスの提供を可能にします。その結果、当社の顧客に以前にも増してうまく統合されたソリューションを提供できるようになります。」とPentairの会長兼最高経営責任者であるRandall J. Hoganは語った。

彼は次のようにも語っている。「この買収のおかげで、Pentairは魅力的なフード部門と飲料部門で主導的地位を築くことができます。これらの部門ではCPTの専門的知識が大変高く評価されているからです。そのおかげで、中国、ラテンアメリカ、中近東等の急成長市場で当社の存在感を効果的に強化できます。」

この買収取引は、商慣例上の条件が満たされ、関連規制に関する承認が取得され次第、2011年の第2四半期中に完了する予定である。Pentairでは、この買収によって、買収後最初の年度である2012年(通年)の希薄化後一株当たり利益(EPS)が0.15ドルから0.20ドル増加すると見ている。この取引により、最終買収会計評価・分析次第ではあるが、2011年の一株当たり利益は約0.15ドル減少すると予測される。約0.12ドルの顧客契約と在庫の増加、及び約0.06ドルの慣例取引コストの調整後、当買収は2011年の一株当たり利益を0.03ドル増加させるものと予測されている。

Pentairは、2011年4月4日東部時間午前9時に、この買収取引について討議できるよう電話会議を開催する。米国からのダイアルイン電話番号は800-706-6748。海外からのダイアルイン電話番号は973-638-3449。参照IDコード番号は56699232。電話録音再生は、800-642-1687、または706-645-9291にダイヤルし(上記の参照IDコード番号を利用)、2011年5月2日まで可能。関連プレゼンテーション資料は、当社ウェブサイト(www.pentair.com)の投資家セクションに掲載され、ウェブキャストを利用して電話会議とその録音の視聴が可能となる。

将来、予測の声明に関する注意
CPT買収について会社が予測する財務的結果、会社が予測する利益に関するすべての声明はリスクと不確実性を条件とする将来、予測の声明である。ここで言うリスクと不確実性には以下が含まれる。この買収の規制上の承認を取得する能力を含み、この買収を予測した条件とスケジュールで終結する会社の能力;このCPT買収を首尾よく統合する会社の能力;海外事業運営に関連して増大するリスク;世界的経済不況からの回復の規模、時期、範囲;住宅市場及びその関連市場の強さ;当社の最近のリストラ及びその他コスト削減計画からの利益が期待通り実現しないリスク、及びそのような利益の実現が期待時期より遅れるリスク;外国通貨の影響;資材インフレが会社の生産性及び価格付けを上回る速さで起こるリスク;小売、商業、工業界の需要動向;新製品の導入;価格及びその他競合要素からの圧力:そして、会社の長期戦略的経営目標を達成する会社の能力、及び米国証券取引委員会(SEC)への当社申請書に規定されたその他リスク要因。本書に記載されている将来、予測の声明は本書の日付で作成されている。会社はその後の事象又は状況を反映すべく声明を公式に更新する義務を負わない。実際の結果が予測した結果と大幅に異なることもあり得る。

Pentair社について
Pentair (www.pentair.com) はミネソタ州ミネアポリスに本社を置く多国籍企業である。PentairのWater Group(水関連グループ)部門は、水を利用した移動、処理、貯蔵、娯楽に関わる製品及びシステムを開発している世界的リーダーである。PentairのTechnical Products Group(技術製品関連グループ)部門は、世界的なエンクロージャー及び熱処理市場のリーダーであり、精密電子機器、及びそのユーザーを保護する熱処理関連製品及び標準、改良型、カスタムエンクロージャーの設計、製造を行っている。Pentairの2010年度の売上は30億米ドルで、全世界で約14,000人を雇用している。

◆内容に関するお問い合せ:
メディア担当:Betsy Day, Manager – Corporate Communications
電話+1-763-656-5537 または +1-763-656-5537
メールアドレスBetsy.day@pentair.com

投資家・アナリスト担当:Sara Zawoyski, Vice President – Investor Relations
電話+1- 763-656-5575
メールアドレスsara.zawoyski@pentair.com

 




製品の用途特長、ご利用方法など、お気軽にお問い合せください。

資料請求/お問い合せ


エバーピュアへのお問い合せ・資料請求はお電話、またはお問い合せフォームから

資料請求/お問い合せ