ニュース|NEWS


Pentairが日本に救援物資を寄付

2011年 3月25日


[米国ミネアポリス発、2011年3月15日]
 3月11日に日本を襲った壊滅的規模の地震とそれに伴う津波による被害に関し、水関連製品・システム分野の世界的なリーダーであるPentair, Inc.は、緊急を要する日本の被災地の諸団体・組織への支援に加えて、ポータブル水処理システム及び関連補給品を提供できるよう、同社の財団と連携して急遽20万米ドルを寄付することを決定しました。Pentairの寄付は、同社の慈善事業パートナーであり、被災地に対して14組の生活用水処理システム(LWTS) を提供するNPO団体・Water Missions International (WMI)を支援する形を取ります。このLWTSシステムは、一日200,000ガロン(約76万リットル)の飲料用水を生産する能力があり、約65,000人分の飲料用水ニーズを満たすことが可能です。

LWTSシステムには、下痢、赤痢、コレラ及び肝炎を引き起こす水媒介性病原体を除去することにより、病気発生を減少させることが可能な多段ろ過システムが装備されており、池、湖、小川その他様々な地表水の利用が可能になります。

「弊社は、今回の日本の地震のような規模の災害の直後では、水が最も基本的で緊急な必需品であることを認識しています。WMIとパートナーシップを組むことにより、我々は被災者の方々に、きれいなろ過された水を一刻も早くお届けすることができるのです」と、Pentairの会長兼最高経営責任者・Randall J. Hoganは述べました。

同システムは現在WMIとの連携で輸送中で、設置に向かっています。

Pentair社について
Pentair (www.pentair.com) はミネソタ州ミネアポリスに本社を置く多国籍企業である。PentairのWater Group(水関連グループ)部門は、水を利用した移動、処理、貯蔵、娯楽に関わる製品及びシステムを開発している世界的リーダーである。PentairのTechnical Products Group(技術製品関連グループ)部門は、世界的なエンクロージャー及び熱処理市場のリーダーであり、精密電子機器、及びそのユーザーを保護する熱処理関連製品及び標準、改良型、カスタムエンクロージャーの設計、製造を行っている。Pentairの2010年度の売上は30億米ドルで、全世界で約14,000人を雇用している。

Water Missions Internationalについて
Water Missions Internationalは様々な技術を用いて開発途上国及び災害地域の人々に清潔で安全な水を提供する非営利団体である。同組織の目的は、これら地域の人々が必要とする時にいつでも安全な飲料水を入手できるようにすることである。

内容に関するお問い合せ:
・Pentair
電話:+1-763-656-5570(担当 Todd Gleason, Vice President Corporate Communications)
メールアドレス:Todd.gleason@pentair.com

電話:+1-763-656-5537 携帯電話:763-267-2437(担当 Betsy Day, Corporate Communications Manager)
メールアドレス:Betsy.day@pentair.com



Randall J. Hogan (ランドール・J・ホーガン)
Chairman and Chief Executive Officer (会長 兼 最高経営執行責任者)
Pentair, Inc.(ペンティア株式会社)







製品の用途特長、ご利用方法など、お気軽にお問い合せください。

資料請求/お問い合せ


エバーピュアへのお問い合せ・資料請求はお電話、またはお問い合せフォームから

資料請求/お問い合せ